Message
天国への希望
 「わたし(イエス・キリスト)のことばを聞いて、わたしを遣わした方(創造主)を信じる者は、永遠のいのちを持ち、さばきに会うことがなく、死からいのちに移っているのです。 」ヨハネの福音書5章24節
 
 
 長寿はうれしいことです。でも、いずれはどの人も死を迎える時が来ます。
死の備えとして、私たちは自分の荷物整理や、自分の葬儀のためのエンディングノートや、終活講座などで心の備えは出来ます。
でも今死がどのような意味を持ち、死後どうなるのかよくわからない。
これだけ医学や科学が進歩したのに、死について、天国について、また、どうしたら天国へ行けるのか知りたいものです。
 
 その答えは神のことばである聖書が明らかにしています。
神が創られた天国は、神ご自身が私たちの目の涙をぬぐい取り、死も悲しみも、叫びも苦しみもない、すべてが新しくされるすばらしい祝福の場所であると聖書は語っています。
 死については、多くの人が「死ねばすべてが終わる」と考えていますが、聖書は私たちの肉体が死んでも、たましいは神のみ前に出て罪の「裁きを受けることが定まっている」と教えています。
 
どの人も死後、自分の犯した罪に対して創造主なる神に申し開きをし、神の裁きを受けなければなりません。罪を持ったままでは誰ひとり、神のおられる聖い天国へ行くことはできません。
 たとえ、この世でどんなにお金を儲け、どんなに立派な地位や成功をおさめても、善行を積んでも、罪を犯した者は刑罰を受けて、神の愛の届かない「永遠の滅び」という地獄の場所に行かなければなりません。神は本当に永遠の滅びがあることを何度も警告しています。
 
 しかし、愛なる神は、ひとりとして滅びることを望まず、すべての人が永遠のいのちを持って、天国に住まうことを願っておられます。 
それゆえ、神は愛するひとり子イエス・キリストを、この世に救い主として送られました。
 
キリストは罪深い私たちを救うために、私たちが受けるべき罪の刑罰を身代わりに受けて十字架で死に、三日目に死に勝利してよみがえられ、罪からの救いと天国への道を開いて下さいました。
 
このキリストを信じる者は、永遠のいのちを持ち、死後のさばきに会うことがなく、地獄に至る人生から、天国に至る人生に移されるのです。 
 あなたは、死後をどこで迎えるかを選ぶことが出来ます。
 
今、神の招きに応えて、キリストを信じて、罪の赦しと永遠のいのちを頂き、天国への希望を持って、喜んで生きる者となりませんか。
どうぞ、グレース宣教会においでください。
グレース宣教会 牧師 木村美紀子

 私は、幼いころから神様の存在は信じていました。いつも何かに守られて生活をしているという感覚もありました。習慣的なものもあり、そのことを深く考えることはありませんでした。

それは、幼い頃に亡くなった父の存在が大きかったからだと思います。どんな時も、目には見えない父とともに生活をしてきました。神様の存在を信じているとは言っても、それは一体どういうことなのかなど、考えたことがありませんでした。

もしかすると自分の都合の良いように「神様」という言葉を使っていたこともあったかもしれません。こうしたらどうなるのだろうと、まだしてもいないことをずっと悩む期間がずいぶん長く続きました。

しかし、あまり良い言い方ではありませんが、どこかで区切りをつけたくなった私は、半ば「えいっ」という気持ちで、聖書のキリスト様を信じることを口にしました。不安なままで、教会生活がスタートしました。

創造主なる神様を信じたからと言って、自分にとって良いことが起きて、良くないことが起きないわけではありません。そういうものなら違うなと、私は思っています。そんな私が感じている気持ちや違和感を否定せず、そのまま受け止めてくれる人が教会にいたことにとても救われました。

教会では聖書からたくさんのことを学びました。その中には、母や、身近な人から自然と教わったことの原点となるようなことが書いてあることに何度も驚きました。

 そんな中、結婚について考えていく時に、聖書には「何事も自己中心や虚栄からすることなく、へりくだって、互いに人を自分よりもすぐれた者と思いなさい。自分のことだけはなく、他の人のことも顧みなさい」と書いてありました。

いつまでも自分にとっての一番を考えるのではなく、だれかのための自分であるべきだと思えるようになりました。

(佳奈さんは6月17日に、グレース大聖堂で結婚式を挙げられました。)

 

シェア: